家事を簡単に終わらせるコツ

家事の時間を短くするためのポイント

>

料理中にできる工夫を考えよう

冷凍されている野菜

料理に野菜を使うことは多いでしょう。
その場合は皮を剥いたり、茹でたりしなければいけないので料理の時間が長くなってしまいます。
時間を短縮するのであれば、冷凍野菜を使ってください。
冷凍野菜は、下処理が済んでいるものです。
そのまま炒め物に使ったり、煮物に使ってください。
通常、根菜は火が通りにくいので、料理が完成するまで長い時間が掛かります。


ですが冷凍野菜を使うことで、根菜でも簡単に火が通り短時間で完成します。
ブロッコリーは解凍すれば、それだけでサラダに使えます。
冷凍野菜を使って、忙しい時でも料理をしましょう。
スーパーに行くと、たくさんの種類が販売されています。
また冷凍野菜の方が、費用を削減できることも多いです。

常備菜を作っておこう

きんぴらごぼうなど、常備菜を作っておくのがおすすめです。
すると少ししかおかずを作れなかった時でも、物足りなく感じません。
常備菜は、保存できる期間が長いです。
時間がある時に、たくさん作っておきましょう。
他にもひじきの煮物や、ナムルなどの常備菜が人気です。
お弁当にも使えるので、毎日作っている人も役立つでしょう。

毎日食べて飽きてしまった人は、アレンジしてください。
カレー粉で炒めて味付けを変えたり、春巻きの皮で包むのが良い方法です。
様々な工夫をすることで、別の料理に生まれ変わります。
どうしても食べきれなかったら、冷凍庫で保管してください。
するともっと、長期間保存できるようになります。
食べる時は、必要な分だけ解凍しましょう。


TOPへ戻る